いつもと違うトレードスタイル「トラリピのマネースクエア」

証券会社・FX業者

みなさんこんにちはポンコツです。

めーーーーっちゃ久しぶりの更新になります(笑)

九州や日本各地での豪雨災害怖いですね・・・。皆さん被害には合われていないですか?

チャートに集中しすぎて非難が遅れたりないようにだけお気をつけください。

 

では早速今日のテーマなのですが、いつも解説している裁量取引とは違い、最近始めた『トラリピ』っていう取引をお伝えしていこうと思います。

裁量取引とシステムトレード

まずFXには大きく分けて、私がいつも行っているMT4などのチャートを見てルールが揃ったのを確認してエントリーや決済するのが「裁量取引」と呼ばれるものです。

今回解説させていただく「トラリピ」はエントリーと決済の条件をプログラム化して、機械的にエントリーと決済を自動で行う取引「システムトレード」の一種になります。

ではこのトラリピについて解説していくのですが、このトラリピを行うのに大事な条件があります。

それは・・・

『マネースクエア』の口座でしかこのトラリピ使えません!

なぜならこの非常に優れた取引トラリピは、マネースクエアの特許になります。

私もこのトラリピを運用するときに初めて知りましたが、取引手法?にも特許が取れるんですねぇ。

ではまずトラリピ運用元の『マネースクエア』について書いていきます。

マネースクエアについて

マネースクエアのイメージキャラクターは元新体操日本代表・畠山愛理さんです。

畠山さんってとんでもなく可愛くないですか?元シンクロの青木愛さんと双璧をなし、私ポンコツ個人的に超超超大好きなんです!!
昨年広島カープの鈴木誠也選手とご結婚されましたが、泣きましたね( ノД`)シクシク…

実は畠山さんが好きだったのでマネースクエアに興味を持ちトラリピの運用につながっていくのはまた別のお話・・・

さてマネースクエアの取引概要ですが

通貨ペア 米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ニュージーランドドル/円、ニュージーランドドル/米ドル、カナダドル/円、英ポンド/円、英ポンド/米ドル、トルコリラ/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円
スプレッド 非公開
最小取引単位 1000通貨(南アランド/円・メキシコペソ/円は10000通貨)
最大注文数量 200万通貨
レバレッジ 最大25倍
注文方法 ストリーミング(即時)注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、イフダン注文、イフダンOCO注文
サポート体制 電話サポート(9:00~17:00土日祝除く)、メールサポート
FX以外のサービス CFD
その他特徴 資産運用の決定版!トラリピ注文、FX取引1万通貨ごとにポイント付与(現金化可能、ランクアップでポイント増加)

大まかにはほかの証券会社と変わりありませんが、FX取引を行う上でも重要なスプレッドについては非公開になっております。
実際ポンコツの取引画面上で確認したところドル円で3銭ほどでした。

他の国内証券会社に比べると広いので正直裁量トレードはもっとスプレッドの狭い証券会社でするのをお勧めします。

その他には取引1万通貨ごとにポイントが付き、現金や運用資金に交換はもちろんアマゾンギフト券や旅行券に交換出来たりします。
このポイント交換は後で説明するトラリピと相性バッチリなのでどんどんポイントを貯めてお得に運用しましょう!

ではお次はお待ちかねの『トラリピ』について解説していきたいと思います。

マネースクエアの公式サイトはコチラ

マネースクエア

トラリピって何?

「トラリピ」とは正式名称を「トラップリピートイフダン」いい、マネースクエアが特許を取得している取引方法になります。

トラリピの仕組みですが大まかに言えば、「ある価格になったら売買の注文をして、その注文が設定した利益になると決済をしてくれる」ってのを自動で何度も繰り返してくれる注文方法です。

マネースクエアの資料なども参考にもう少し詳しく見てみましょう。

トラリピの仕組み

トラリピには外国為替市場のある特徴を利用し利益を上げていきます。
その特徴が・・・

外国為替市場は「レンジ相場」になりやすいです。

出典:マネースクエア

出典:マネースクエア

上の図ではドルと円を例に貿易を中心に為替の動きをまとめたものになります。
ドル高・円安 → ドル安・円高 → ドル高・円安…といった流れを繰り返す経済的な背景があるため、外国為替相場は行ったり来たりする動き「レンジ相場」になりやすい傾向があります。

ではなぜトラリピはレンジ相場がいいのでしょう・・・

「レンジ相場」の中でも細かく動いている価格

出典:マネースクエア

普段からチャートを見られてる皆さんならお解りになると思いますが、為替相場は上がり続けることや下がり続けることはありません。
上がれば下がりますし、下がれば上がります。
為替相場にはレンジ相場とトレンド相場がありますが、どれくらいの割合で発生しているかご存じでしょうか?

レンジ相場7割:トレンド相場3割

そうほとんどがレンジ相場なのです!

なのでこのレンジ相場で利益を出せるトラリピが注目されているのです。

では実際にはどのような注文や決済が行われているのかを見ていきましょう。

マネースクエアの公式サイトはコチラ

トラリピの注文と決済

トラリピがレンジ相場に特化した取引方法なのはご理解いただけたかと思いますが、ここではトラリピの中身について解説します。

トラリピは3つの要素から成り立っています。
下記の3つの仕組みを1つにまとめたのがトラリピです。

出典:マネースクエア

①イフダンとは

①「もしレートが100円になったら買っておいて」という新規注文と、②「100円の買い注文が成立したら、その後レートが101円になったところで売っておいて」という決済注文(①と②)の2つを一度に発注できるのが「イフダン」です。

出典:マネースクエア

②リピートイフダン

新規と決済の注文を一度に発注できるイフダンに、リピート(繰り返し)機能をつけたのが「リピートイフダン」です。
通常のイフダンだと新規・決済一回で終了してしまうところ、リピート機能がついているため、指定した価格に到達するたびに自動で取引を繰り返してくれます。
為替相場は24時間動き続けるので、取引を繰り返せれば、そのチャンスはますます増えていきます。

出典:マネースクエア

③トラップリピートイフダンとは

②のリピートイフダンを、罠(トラップ)を張るように敷き詰めたのが「トラップリピートイフダン」=「トラリピ」です。幅広くリピートイフダンをセットすることでピンポイントでねらいを定める必要はなく「このあたりかな?」という相場観さえあれば収益をねらっていけます。
為替相場は24時間動き続けるので、取引を繰り返せれば、そのチャンスはますます増えていきます。

上がれば下がる下がれば上がる、で一定の幅を行き来し(レンジ相場)、24時間休むことなく続く相場の中で、あなたに代わって取引を繰り返してくれる。それがトラップリピートイフダン = トラリピです。

マネースクエアの公式サイトはコチラ

トラリピの魅力

ポンコツが考えるトラリピには大きく二つの魅力があると思っています。

まず一つ目は
・チャートを見続けなくてもいい
これはFXをするうえで必ずしないといけないことですよね。
しかしトラリピなら設定さえすれば、後はシステムが自動で売買や決済をしてくれるのでチャートを見る必要がありません!

二つ目は
・相場が上がるか下がるかを考えなくてよい
FXで一番難しいのはこの2分の1を考えることです。
私のトレード日記をご覧いただいている方も多いと思いますが、移動平均線がこうだから上がる、RCIがこうだから下がるなど書いていますが、トラリピならそんなこと一切しなくてもいいんです。
なぜなら設定している範囲内なら下がったら買うし、上がったら売るので相場が動いていれば利益が積まれていくのです。

どうです?トラリピっていいでしょう!

チャートも見なくていい、相場状況を考えなくてもいいこんないいものなんでみんなしないんだ!って思いましたか?

そう、私も初めはそう思いました。

トラリピ自体は数年前から存在はしていましたが、最近までしていませんでした。

なぜか?

トラリピでの運用は年間で10%前後が限界と考えています。

FX最大の魅力は、低資金から始めても大きな運用益を実現できる点です。

裁量取引の場合5万円で初めても1か月で10万15万と利益を積むことはできますが、トラリピの場合は5万円で運用した場合1か月で500円程度が限界です。(実際は5万円では多くポジションが持てないので運用は厳しいかと思います)

なのでトラリピをするにはある程度まとまった資金が必要になります。

ポンコツは200万から始めております(設定試行錯誤中ですが・・・機会があれば運用成績も載せていきますね)

銀行に預けておくくらいならトラリピで資産運用をしたほうがいい!とポンコツは考え今回トラリピを始めました。

週に一度くらい設定を見直すくらいで年間20万円が入ってくるならいいなぁと思っております。

トラリピに少しでも興味を持った方は下記のトラリピ上級者のブログがとても参考になる思います。

運用額も数千万と桁違いですが、設定値も公開されているのでほぼ同じパフォーマンスになるはずです。

akilog(トラリピでの運用額が2000万とトラリピ界の重鎮です)

不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ(こちらの方はトラリピ以外にもトライオートETFなどもしています)

基本的にこのお二方の設定を参考にすれば年10%は十分に実現可能と思います。

マネースクエアの公式サイトはコチラ

まとめ

ここまで長々と書きましたが、トラリピは非常に良い資産運用になると思います、しかし欲張りすぎて狭い範囲や大きく利幅を獲る設定にすると失敗する原因にもなりますのでお気を付けください。

あとは運用額は多ければ多いほど利益は大きくなり、さらに複利で運用すれば数年で大きく運用額を増やすことができるでしょう。

今日はマネースクエアの「トラリピ」をご紹介いたしました。

ではではまたまた( ゚Д゚)ノシ

マネースクエアの公式サイトはコチラ
マネースクエア

コメント