グランビルの法則

FX手法

こんにちは、家で餃子作るといつも100個オーバーのポンコツです。
餃子といえば「王将」こんな決まりきった、中華の法則ですが、FXの世界にも法則が存在します。

それが今日ご紹介する「グランビルの法則」です。

このグランビルの法則ですが、アメリカの有名な金融アナリストのジョセフ・E・グランビルさんが考案した、8つのエントリーポイントのお話です。

このグランビルの法則ですが、なんと1960年に考案され、60年たった今でも移動平均線を使った取引手法として世界中のトレーダーが今でも使用しています。

つまり、「世界中のプロはみんな知っている」法則なんです。

このグランビルの法則を今回はマスターしましょう。

グランビルの法則の基本

先ほどチラッと書きましたが、グランビルの法則は移動平均線を元に8つの法則があると書きました。

この8つの売買ポイントは、買いポイントが4つ、売りポイント4つの計8つの法則からなり、それぞれマーケットの値動きと移動平均線の動き方で買い場と売り場を探すことになります。

このグランビルの法則を使うか使わないかは別として、「知っているか・知っていない」かでは大きな違いになるので、必ず覚えておきましょう。

グランビルの法則「4つの買いの法則」

まずグランビルの法則の買いの法則です。

1⃣ 移動平均線が下落してきたところ、移動平均線が水平になるか上昇しつつある場面で、ローソク足が移動平均線を下から上へと上抜けする。この時に買いのポジションを持ちます。
トレンド転換の初期に見られる場面です、売りポジションを手仕舞いし、新規で買いポジションを持つ場面ですね。


2⃣ 移動平均線が上昇中の場面で、ローソク足が移動平均線を下から上にクロスする。
1番の法則に似ているのですが、ポイントは移動平均線が上昇している、ローソク足が一度移動平均線の下に潜り込んでから、上抜けしている。
この場面でのエントリーが、一番勝率が高いとポンコツは思っております。


3⃣ 移動平均線が上昇中の場面で、ローソク足も移動平均線より上の位置から、横ばい若しくは下降して移動平均線に近づくも、移動平均線を下抜けせずに再度上昇しはじめる場面。
再度上昇の場面なので、資金に余力があれば買い増しする場面です。


4⃣ 移動平均線とローソク足が下降中に、ローソク足が移動平均線から大きく乖離したときに、ローソク足が移動平均線との乖離を埋めようとする動きがあるため、短期的な買いをする場面です。
完全な逆張りになるので、大けがする可能性が高いです。

グランビルの法則「4つの売りの法則」

次はグランビルの法則の売りの法則です。

5⃣ 移動平均線が上昇してきたところ、移動平均線が水平になるか下落しつつある場面で、ローソク足が移動平均線を↑から下へと下抜けする。この時に売りのポジションを持ちます。
トレンド転換の初期に見られる場面です、買いポジションを手仕舞いし、新規で売りポジションを持つ場面ですね。


6⃣ 移動平均線が下降中の場面で、ローソク足が移動平均線を上から下にクロスする。
1番の法則に似ているのですが、ポイントは移動平均線が下降している、ローソク足が一度移動平均線の上に出てから、下抜けしている。高値更新にチャレンジするもできなかった場合によく見られます。
買いの法則と同じで、ポンコツはこの場面が大好きです。


7⃣ 移動平均線が下降中の場面で、ローソク足も移動平均線より下の位置から、横ばい若しくは上昇して移動平均線に近づくも、移動平均線を上抜けせずに再度下落しはじめる場面。
再度下落の場面なので、資金に余力があれば売り増しする場面です。


8⃣ 移動平均線とローソク足が上昇中に、ローソク足が移動平均線から大きく乖離したときに、ローソク足が移動平均線との乖離を埋めようとする動きがあるため、短期的な売りをする場面です。
完全な逆張りになるので、大けがする可能性が高いです。
ポンコツはこの場面ではエントリーしません。

グランビルの法則をチャートで見てみよう

では実際のチャートでは移動平均線とローソク足はどのようになっているのでしょうか?

チャートを見ながら解説していきます。

実際のチャートでの買いの法則

チャート上では1→4と順番に出現することはあまりありません。画像のように1の次に3のようにバラバラに出現するので、パターンを覚えるようにしてください。

1番の法則は移動平均線を抜けて、直近の高値を更新するところでエントリーが勝率も高く、損切幅もそれなりに小さく済みます。

ポンコツが一番好きな3番の法則ですが、移動平均線を抜けずに反転したところなので、わかりやすく、損切幅も一番小さく済みます。尚かつ取れる利幅も大きいのでおススメです。
むしろこの3番の法則だけ狙ってもいいです。

4番の法則は後付けで〇印をしてるので一番離れている場所がわかりますが、実際のチャートでは右側はまだわからないので、どこまで価格が上がるか分かりません。リスクのわりにリターンもよくないのでおススメしません。

2番の法則はローソク足が一旦下降していますが、1番の法則や3番の法則でエントリーした人の利食いがあったのでしょうが、上昇トレンドは継続中のため、再度移動平均線を上抜けして再上昇しています。

実際のチャートでの売りの法則

このチャートでは1→4まで順番に出現していました。

まず1番ですね、ここは高値を切り下げながら横ばいになってきた移動平均線を下抜けしていますね。

2番も下降中の移動平均線を一旦上抜けしますが、再度下抜けしていますね。

少し曖昧ですが、3番は移動平均線に近づいて行き、抜けずに再度下落していますね。

そして4番ですね、これも買いの法則と同じで後付けで〇印をつけているので、実際ここでエントリーすることは不可能かと思います。

まとめ

今日はグランビルの法則をご紹介しましたが、実際に使えるのは1~3番ではないかと思います。

4番をどうしても狙いたい場合は、RSIやボリンジャーバンドなどを併用すれば狙いやすくなると思います。

あと移動平均線の期間ですが、一般的には200期間を設定している方が多いそうですが、ご自身でいろんな設定を試して、ベストな期間を見つけてみてください。

・移動平均線を応用した手法
・買い4つ売り4つで計8つの法則がある
・エントリーポイントが明確になる
・長い時間足ほど機能しやすい

グランビルの法則を使った、ポンコツのエントリーポイントの解説なども今後していきますので、お楽しみに!

コメント

  1. […] グランビルの法則 […]

  2. ポンコツFX より:

    […] グランビルの法則 […]