エリオット波動

FX手法

アンパンマンみたくメガネが濡れると元気がなくなる、ポンコツです。

ゲームや漫画の世界には「いてつくはどう」「波動拳」「波動砲」など、ありえない技の数々がありますが、皆さんの大好きなFXにも波動があります!(パチパチ

その名もなんと「エリオット波動」なんとも強そうな名前ですね~。

ベジータあたりが使ってそうな技の名前ですねw

今日はこのエリオット波動について勉強しましょう。

エリオット波動とは?

エリオット波動はアメリカの株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871年~1947年)が編み出し、戦後の60年代になって再評価され、投資家の注目を集めるようになりました。その理論は、単なる相場の値動きだけでなく、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れた壮大なものです。

1000年単位まで考えてるそうですが、そもそも相場がこの世に出てきて1000年経っていないのでどれくらい機能するかは不明ですが、我々が使う1時間や1日単位のチャートでは機能するので安心して下さいw

エリオット波動の特徴ですが、相場は5つの推進波と3つの調整波で1つの周期を形成するという考え方です。
いつも見ているチャートですが、ローソク足が一方的に進むことはほぼありません、上がったり下がったりを繰り返して相場は作られています。

この上がったり下がったりに法則があり、それがエリオット波動と呼ばれるテクニカル分析なんです。

エリオット波動の定義を図にしてみました。

図のように5つの推進波と3つの調整波で一つの周期になっています。

そしてエリオット波動にはルールがあり、このルールをわかっていないと何処が1波なのか、a波なのか判断がつきません。なのでこのルールもしっかり覚えましょう。

ルール① 2波は1波の始点を下回らない(1波の始点より高値で終わる)
ルール② 3波が一番短くなることはない(5波が一番長くなることもあります)
ルール③ 4波が1波の高値を下回らない(1波の高値より下がらずに終わる)

エリオット波動ですべて相場が動いているわけではありませんので、当てはまらないこともあります。
このルールから外れているものは波とカウントせず、ルール通りの波が確認できればそこに当てはまる波を当てはめて数えなおすことが重要になってきます。

各波の特徴

ここからは各波の特徴を解説しますが、エリオット波動はフィボナッチ数列を用いての説明が不可欠になりますので、まだフィボナッチ数列を理解していない方は以前書いた「フィボナッチ数列」の記事で勉強してから、この先に進んでください。

フィボナッチは理解できましたか?ではエリオット波動についてみていきましょう。
ここからは下記の画像を参考に解説します。

1波の特徴

1波はトレンドの初動の動きであり、3波や5波に比べて短い波動になりやすい特徴があります。
直前のトレンドの最後に現れるため、1波形成中は単なる下落途中の反発と区別がつきません。
2波が形成される過程で安値が切り上がることで、1波であると初めて判断できます。
1波と判断してエントリーは限りなく不可能に近いです。エントリーしていたとしても、ただのまぐれです。

2波の特徴

2波は1波の値動きを調整する調整波動になります。
1波のフィボナッチ・リトレースメントで50%や61.8%まで戻すことが多く、100%近く戻すこともあります。
しかし、1波の安値を下回るとカウント間違いになります。

3波の特徴

推進5波の衝撃波と呼ばれる1波・3波・5波の中で、最も値幅が大きくなることが多いです。
ダウ理論では本格トレンドの段階にあたるのがこの3波動になります。
1波の161.8%以上伸びることが多く、261.8%や400%以上伸びることもあります。
この3波に乗ることで大きく利を伸ばすことができます。
ポンコツの場合、1波高値より安くでエントリーしている場合は、1波高値にストップロスを置いて、利益を伸ばせるだけ伸ばします。

4波の特徴

4波は3波の動きを調整する波動となります。
波は浅い押し目となることが多く、3波の38.2%以上の値幅になることは少ないです。
1波の高値を下回ってしまったらカウント間違いとなります。
2波と同じ調整波動ですが、4波の方がレンジ相場のようになり複雑な動きをするケースが多いです。

5波の特徴

5波は推進波動の最後の波動となり、3波の高値を超えることで形成されます。
3波に比べると勢いが弱く、短期的な動きになるケースが多いです。
FXでは、この5波が最も延長する場合も多く、3波より短いと決めつけることは早計です。
ダウ理論では利食い期にあたり、オシレーター系のインジでもダイバージェンスが生じることが多いです。
ここもポンコツは3波のトレードと同じで、直近の波の高値(3波の高値)にストップロスを置き、利を伸ばすことにしています。

a波の特徴

a波はこれまでの推進5波動を調整するための波動となります。
a波形成中は5波の延長である可能性を捨てきれないため、判断が難しくなります。
3波の高値を下回ればa波であると判断できますが、下回らなくてもa波は成立します。
1波の38%~100%の値幅になることが多いです。

b波の特徴

b波はa波の動きを調整する波動となります。
基本的にはa波より単純な動きとなり、5波の高値を切り下げる波動になります。
5波の高値まで上昇するダブルトップや、5波を上回ってイレギュラートップになることもあります。

c波の特徴

c波はエリオット波動1サイクルの最後の波動になります。
a波の100%の値幅を基準に伸びることが多いですが、38.2%や161.8%等になることもあります。
c波の終点は、1~5波の値幅の38.2%、50%、61.8%を目安に戻すケースが多いです。


このようにエリオット波動には各波に特徴がありますが、推進波は結構わかりやすいのですが、調整波のabcは分かりずらいので、トレードはしないのが無難です。

エリオット波動を用いてのエントリー方法

エリオット波動を参考にエントリーする場合ですが、3波と5波を狙いに行きます。

これは一番トレンドが長くなるので利益を伸ばしやすいのもあるのですが、一番の理由は・・・

エントリーポイントがわかりやすいです。

フィボナッチを参考に3波の場合ですと、2波形成中に50%や61.8%付近で跳ね返されてローソク足がそのまま固定されたらエントリーします。損切は根拠になったラインの少し後ろに置いておきます。
5波も同じですね、唯一違うのは、38.2%で跳ね返された場合もエントリーするです。
3波で38.2%で跳ね返された場合は、1波の高値更新でエントリーしています。損切は1波の高値を割ったら損切です。

エリオット波動のまとめ

エリオット波動について書いてきましたが、すべての波でエントリーできるわけではありません。
8つの波がある波のうちポンコツが狙ってエントリーできるのは、3波と5波です。
それ以外は過ぎてから「あ~、さっきのが4波かな?」てな具合で途中の段階ではわかっていません。
ですが、上に書いた通り、各波の特徴はしっかり身に付けているので、カウントがしっかりできるので3波と5波でエントリーすることができますし、損切の位置もエントリー前に決めることができます。

・エリオット波動を形成するための3つのルールがある
・各波にルールがあり、満たさなければカウントしない
・3波と5波が一番利が伸ばしやすく、エントリーしやすい

この記事をきっかけに最強の波動使いになっていただけたら幸いです。

コメント

  1. […] エリオット波動 […]