RCIで高勝率トレード!

FX手法

こんばんはポンコツです。

今日は私ポンコツがメインで使っているインジケーター「RCI」について詳しーく解説したいと思います。

では早速いきましょう!レッツゴー!

RCIってなに?

RCIとはRank Correlation Indexの略で、日本語では「順位相関指数」と呼ばれます。

オシレーター系のインジケーターなので買われすぎ、売られすぎが視覚的に捉えられるので、トレンドの初動や、押し目や戻りのタイミングをつかむのに適しています。

では早速チャートに表示して見ていきましょう。

RCIのキホン

一般的にRCIは3本表示させて使う方が多いと思います。

ポンコツも短期(期間9)中期(期間26)長期(期間52)を表示させています。

RCIの見方は0%を基準に、100%~-100%の間を行ったり来たりします。

0%~100%の間を推移しているときは上昇基調になり、0%~-100%の間は下落基調になります。

そして±80%を超えた場合は、買われすぎ・売られすぎになり、トレンドの転換や押し目(戻り)が来ることが多々あります。

RCIで覚えていただきたいのは、

・0%~+100%の間は上昇トレンド
・0%~-100%の間は下降トレンド
・+80%以上は買われすぎ
・-80%以上は売られすぎ
・強いトレンドが発生すると、上下に張り付く

これを頭に叩き込んで、RCIを見てみてください。

RCIの短期・中期・長期について

ポンコツはRCIを3本表示させていると書きましたが、それぞれの特徴について説明しておきます。

短期(期間9)
・主にエントリーの際の根拠となるRCIです。期間が短い為反応も早く短期の方向について行けばスプレッドくらいは値幅は取れます。

中期(期間26)
・主にトレンドの判定に使います。短期線でのエントリーの際基本的にはこの中期線の方向に逆らうようなエントリーはしません。短期線と中期線が同じ方向を向いたときにエントリーを考えます。

長期(期間52)
・中期線と同じくトレンドの判定に使いますが、期間が長いので、表示しているチャートの上位足のトレンドを判定するくらいの気持ちで見ています。しかし天井や大底から動き出したときは、短期線や中期線を張り付けるほどの強いパワーを持っています。

では実際のチャートで解説しましょう

RCIを使ったエントリーパターン

RCIでのエントリーポイントとして、ポンコツは3つに分けております。
一つずつ詳しく説明しますね。

エントリーNo,1 RCIが±80%を超えたとき

3本のRCI全てが同じ方向に±80%を超えて、短期線が80%を再度割ってきたときにエントリーします。下が実際のチャートです。

赤の縦線の場所でRCIが3本とも-80%になりました。ここでエントリーしてもいいのですが、このままRCIがそこに張り付くことがありますので短期線が再び上がってきた2本後のローソク足の始まりからエントリーするのが望ましいです。

その後少し上がりますが、8本後くらいに安値更新付近まで戻しますが、この時のRCI中期線を見てください。
短期線と同じく、上がり始めてきていますのでここは少し我慢して持ちましょう。そしてそのあとはチャートに示されているように価格が上がりましたね。

利確ポイントについては、人それぞれですが、ポンコツは中期線が+80を超えてから陰線をつけたあたりで決済します。

ここのトレードですと1時間半ほどで、15pipsになります。

画像のように3本ともが同時に80%を超えることは少ないですが、もしこのような場面に遭遇したら積極的にエントリーしたいですね。

エントリーNo,2 RCIがゴールデンクロス・デットクロスしたとき

RCIが±80以上の場所で、短期線と中期線がゴールデンクロスか、デットクロスした次の足でエントリーします。実際のチャートを見てみましょう。

何か気付きましたか?気づいたあなたは素晴らしいです!
そう、前出したチャートと同じ場所です。先ほどはRCI3本が揃った場所でエントリーしましたが、その後利確ポイントのすぐ後の足でRCIがデットクロスして、ショートのエントリーポイントになってました。
RCIを使うとこのように利確の後にすぐにエントリーポイントがくることがあります。

さてこのゴールデンクロスとデットクロスですが、注意していただきたいのは、±80%以上の場所で交差しているか?というところです。これが10%や20%でクロスしていたとしても、おそらく価格が進むことはないでしょう。

RCIは弓と同じで引けば引くほど、±100%に近づけば近づくほどパワーをためて放出されます。

なので、100%から下落してくるときと、80%から下落してくるときでは下げる勢いが全く違います。

80%はあくまで目安なので79%でも大体は大丈夫かと思います。逆に言えば、80%以上で交差しても全くダメなときはダメですからねw

エントリーNo,3 RCIが3本とも同じ方向を向いたとき

RCIが3本とも同じ方向に進みだしたとき、いわゆるRCIがーフェクトオーダーになった時もエントリーポイントになります。これも実際のチャートを見てみましょう。

すぐに気づきましたねwまた同じチャートです。
しかしこの赤線を引いている場所は3本のRCIが上昇方向に進み始めたローソク足になります。
その後は見ての通り上昇していますね。
なので、エントリーNo,1を見逃した後でもこのようにRCIがパーフェクトオーダーを形成すればエントリーしても大丈夫でしょう。

このエントリーNo,3は、押し目や戻りでのエントリーポイントを見つけることもできます。

どんな大きなトレンドも上げ下げの連続で構成されているのはダウ理論で理解していただいてると思いますが、画像のようにRCIなら押し目や戻り売りのタイミングを捉えることができます。

中期と長期のRCIが張り付いているときも、短期だけトレンドと逆方向に上下することがあります、この瞬間が押し目や戻りのになっていることがほとんどです、そして短期がまたトレンド方向に向いたときにエントリーすれば、勝率の高いトレードになります。

このようにRCIでは様々なタイミングでエントリーできるので、焦らず良いところだけエントリーしても、監視する通貨数にもよりますが、ドル円とポン円、ポンドルの3通貨だけでも一日で相当な数エントリーできると思います。

RCIのまとめ

RCIいかがだったでしょうか?オシレーター系なので逆張りエントリーになりますが、売られすぎ買われすぎが判るのと、3本表示することでダマシにもあいづらく、仮に逆行しても損切幅は小さくて済むので、ポンコツ一押しのおススメの手法です。

もちろんRCI一本で勝ち続けることは難しいと思います、なので移動平均線やダウ理論も併用すればさらに勝率の高いトレードができるようになります。

・RCIは短期、中期、長期の3本で総合的に判断する
・大きなトレンドの時は天井や底に張り付く
・長い時間足のほうが機能しやすい

勝率が非常に高いのと、上位足のトレンドに乗っているのであれば、損切しなくてもほとんどが戻ってきます。なので、初めのころは上位足のトレンド方向に沿ってエントリーするようにしましょう。

コメント

  1. ポンコツFX より:

    […] RCI […]

  2. […] RCI […]